肌の潤いを保つ方法

肌の構成

肌は、表皮、真皮、それから皮下組織の三種類によって出来上がっています。
皮下組織に関しては、肌を作っている三層の中でも最も奥にあり、直接ケアを施せない部分なのです。
そして、皮下脂肪があって、体温のコントロールを行い、体を保護する役割があります。
真皮と呼ばれる部分は、肌を作っている3層の真ん中にあり、その厚みは約3ミリで、薄い表皮と比べると随分厚さがあります。
ここは、肌に対して潤いを持たせるところだとされていて、コラーゲンやヒアルロン酸のような成分を含むことがわかっています。
表皮は、肌の一番上にある部分ですが、自分でもお手入れを施せるパーツとなります。
表皮細胞だけでなく、メラニンの生成・アレルギーからの保護などといった役目を持っています。
また、厚さはというと0.3ミリくらいしかなく、真皮の10分の1しかありません。
表皮細胞が新陳代謝を起こして皮膚が何層にもなって、その最も上の表皮にあるのが、角質です。
肌を保護することや、菌や異物などが侵入しないようにするという働きがあり、肌を健康に保つために大切な層です。
加えて、角質自体が肌の状態を示すことも多く、肌の潤いが十分ならば、角質もきめ細かく整った状態であるはずです。
角質層というのは、細胞間脂質と天然の保湿成分を含むことにより、肌に必要な水分を閉じ込め乾燥状態にならないようにし、潤いのある肌にしてくれます。
ですが、紫外線を多く浴びたり、年齢を重ねたりするとこれらの成分が減り、肌荒れや老化の原因になります。
おまけに、洗顔の回数が多いと肌へのダメージが強くなるので良いとは言えません。
肌に悪影響が及ばないくらいのケアや炭酸パック、日常の工夫などによって、角質も順調な状態のまま、肌の潤いをキープする点でも良い影響があるでしょう。